Q Acoustics 3000ST スピーカースタンド

仕様

特徴

ドライブユニットとクロスオーバーの技術的な改善に加え、Conceptシリーズで採用されているキャビネットの二重構造をフロントとトップパネルに搭載し、極限まで共振を抑えました。また、スピーカーのコネクタ位置を底面から背面へと変更し、背面ターミナルパネルを小さくすることによりキャビネットの整合性と強度を高め、ドライブユニットを最大限に機能させます。新しくデザインされたドームツイーターはドームサイズを25mmから21mmにサイズダウンし、ユニット冷却空間を2mm増幅。更に2層構造のフェライトマグネットを使用した2 IN 1システムを採用し、ドーム内の空気圧を精密に解析、バランスを整えた結果、歪みを抑え、水平・垂直共均一な指向特性を実現しました。

Q Acoustics 3000シリーズ

Posted in Q Acoustics, Q Acoustics 3000シリーズ.