メニュー

3050i - イースタンサウンドファクトリー

PRODUCTS

Q Acoustics



3050i WN web

3050i

独自の技術を駆使し、実現した音場。
挑戦を続ける、Q Acousticsの真骨頂。

2ウェイバスレフ型フロアスタンディングスピーカー


■ White/Black/Walnut 定価 74,000円(ペア/税抜)

■ 2018年7月20日(金) 国内発売予定

 

 

【特徴】

・ツイン165mm /22mm 高精度ドライバー

・「Point-to-Point(P2P™)」テクノロジー搭載

・ 「Helmholtz Pressure Equalizer(HPE™)」テクノロジー搭載

 

 

抜群の音を、ロープライスで。

 

Q Acoustics 3050iは、驚異的な評価を得ているハイエンドフラグシップである Concept-500 のデザイン原則を使用して作成された、フロアスタンドスピーカーです。その経験から得たオーディオ、デザインテクノロジーを余すことなく採用しています。

 

海外で多くの賞や、絶大な評価を得ていた3050を基本とし、Concept 500の技術"P2P™"、そして今回新たに開発された"HPE™"。この2つを主軸にし、振動を抑えることで新しく生まれ変わりました。

 

この価格帯にはない革新的な技術を盛り込んだ3050iは、ハイエンドスピーカーにも引けを取らない抜群の音場を兼ね備えています。

 

 

 

3050i allcolor

 ”P2P™” と "HPE™" 独自の技術を駆使し、あらゆる振動を最小限に。

  • HPE web

     

    3000iシリーズでは、Concept-500に搭載されていた「Point-to-Point(P2P™)」技術が導入されています。

    P2P™によりキャビネット内の補強が必要な領域にサポートを追加し、スピーカー内部の強度を高め、ひずみの原因となる構造的振動が低減されています。

     

     

    また新たに導入されているHelmholtz Pressure Equalizer(HPE™)は、内部圧力を速度に変換しキャビネット内の全体的な圧力を低減するように組み込まれた技術で、キャビネットの共振を低減するために3050iに適用されています。この技術は、単一の好まれる周波数で共鳴する傾向がある背の高いラウドスピーカーに最適です。

     

     

    キャビネット設計技術意外にも振動を低減する技術があり、今回のツイーターはバッフルからサスペンションシステムを介して切り離されており、ウーファーからの干渉を減少させています。

     

     

    これらの技術により振動を最小限に抑えることで、今まで以上に焦点のあった忠実で正確な音を届けることが可能になりました。

    細部までこだわり抜いたキャビネット。様々なシーンに合う3色のラインナップ。

  •  

    外観では、従来のターミナルパネルのカットアウトは取り除かれ、筐体の構造上の完全性が大幅に改善されました。

    新しいバインディングポストは、4mmのバナナプラグを収容するのに十分の深さのソケットに組み込まれ、後壁に非常に近い場所に配置することが可能になりました。

     

     

    また、金属仕上げしたロゴはドライバーの装飾品と一致し、どの面から見ても一貫したデザインを損なうことはありません。

     

     

    サランネットはマグネットで脱着するタイプとなっており、スピーカーバッフル面にはネジ穴などが無いため、簡単に取り外せます。

     

     

     

    3000iシリーズはWhite,  Black, Walnutの3色の仕上がりからお選び頂けます。

    今回よりどの仕上がりでも全て同じ価格で販売できるようになりました。

     

     

    3050i detail

製品仕様

形式 2ウェイ・バスレフ式
周波数特性 44 Hz~30 kHz
ツィーターサイズ 22 mm
ウーハーサイズ 165 mm x2
定格インピーダンス
推奨入力 25~180 W
感度 91 dB

クロスオーバー

周波数

2.5kHz

サイズ・付属品

高さ 1020 mm
310 mm
奥行 310 mm
本体重量 17.8 kg
カラー展開 White,  Black, Walnut
内容・付属品



CONTACT